LTV

新規客獲得コストとリピート客

新規客獲得が毎年困難になっている・・・

今までの広告宣伝手法の効率が毎年落ちている・・・

新規集客コストが毎年増大する一方・・・

という課題にお悩みではないでしょうか?

 

そもそも、どうして新規顧客集客にコストを費やしているのかを考え直してみるとどうでしょうか?

たとえば・・・

 

数年前、「クーポンサイト」というのが一世を風靡したことがありました。

「おせち料理事件」でも注目を集めたサイトです。

 

この「クーポンサイト」・現在、発祥地のアメリカでも下火になっています。

広告を出す側からすれば、「クーポン」で大量に新規客を集めても、リピート客につながる方法がなく、

同時に、大切な固定客も離れてしまう結果になるからです。

 

TV番組等マスコミ取材も同様です。

現在、マスコミ取材お断りの店が非常に増えています。

一旦は、大量の新規客が集まりますが、その騒動の余波で、大切な固定客が離反してしまうからです。

 

新規客を集めることは非常に大切ですが、

リピート客をつくる仕組がなければ、コストをかけて新規客を集める事は、底の抜けたバケツに水を入れている状態です。

 

実は、LTVを意識し、リピート客が増える仕組が一番大切です。

それを簡単に言うと、差別化ポイントを作り、お客様に訴求することの2点です。

 

差別化ポイント

提供側の訴求ポイントが必ずしも、お客様から見たときの満足ポイントでは無い場合があります。

逆に、意図していない内容が、魅力のある訴求ポイントになっている場合のほうが多いです。

※コスト削減の一環で、本当の魅力を知らず知らずに廃止してしまい、客足が遠のく事はしばしばあります。

 

お客様に訴求

「差別化ポイント」はなかなか訴求しにくいものですが、訴求できた時の効果は絶大です。

但し、この訴求手法はなかなか難しいです。

 

新規客獲得の前に、LTVを意識して、リピート客をつくる仕組が必要です。

リピート客をつくる仕組が出来れば、逆にどんなお客様がリピートして頂けるかわかってきて、

新規客集客手法も変わってきます。

 

スマートビンゴ®はその一連の流れをサポートするサービスです。

 

 


コメントを残す

*