シニア向けEC

農水産品EC直販・購入経験の多いのは、若年層?それともシニア層?

農水産品を生産者から直接購入

最近新しくオープンする産直市場が目立ちますし、「道の駅」の目玉も産直品です。

JA改革で話題にもなりましたが、生産者が直接消費者に販売するチャネルが増加し、これからの注目業態になりそうな勢いです。

リアル店は見たらわかりますが、ECでの産直品ってどうなってるか?

まとめた調査レポートが見当たりませんが、日本政策金融公庫がまとめた興味深いアンケート結果がありましたので、ご紹介します。

 

購入経験の多いのは、若年層?それともシニア層?

EC経験率の調査では、20-30代 22%に対して、40代以上は35%程度に上昇しています。

一般的な商品の調査では、若年層は多く・シニア層は少ないデータが出ますが、農水産物に関しては完全に反対ですね。

年代別農林水産物購入経験

調査では、ネットスーパー利用経験も含めていますので、若年層はネットスーパー、シニア層は産直ととらえるのが自然です。

産直マーケットに絞れば、更にシニア比率が高まります。

さらに興味深い調査があります。

若年層の情報入手は、若年層が友人からの紹介(口コミ・SNS)であるのに対して、シニア層は、「HPの検索」という結果が出ています。

「受動的」に購入している若年層に較べ、シニア層は「能動的」といえます。

年代別情報入手ルート

提供者に求めるものは価格?それとも?

さらに、面白い結果が・・・

求めるものは「価格」と思われがちですが、実は異なる結果が出ています。

求めるものは、「生産者・商品の更に詳しい情報」なのです。

生産者の情報

これは弊社の調査結果と同じですが、安心・安全の確認の為という目線も当然ありますが。

”生産者ともっとコミュニケーションを密にしたい。

”生産者にもっと関わりたい。

という現代消費者目線の現れと考えられます。

ついつい、利便性を追求したり、CVR(購入率)を上げるために、余計な情報を省く傾向がありますが、現在の消費者は、「能動的」にアクセスできる情報を圧倒的に求めています。

「シニア層はITリテラシーが無い」は昔ばなし

時間に余裕のあるシニア層は、今一番ITを駆使して情報を集め、良いものを購入しようとしている消費者なのかも知れません。

何処で購入しても同じ「定番品」は、Amazon等で購入するのは若年層もシニア層も同じですが、シニア層は川上の製造元に遡り購入することを始めています。

検索を繰り返し、生産者の情報を入手し、継続購入する先を探しています。

通販でのリピート獲得のヒントがここに隠れています。


コメントを残す

*