LTV

それでも売上アップは可能

たった3割アップで売上2倍!

前回、市場が大きく変わり、戦略の見直しが必要である旨をお伝えしました。
では、具体的にどうすれば良いかというお話です。

と、その前に、おさらいとして基本的な部分について再確認をさせて頂きます。
これをお読みの皆さんなら当たり前の話で恐縮なのですが、少しお付き合いを。
売上の基本要素はおわかりですよね。

売上=顧客数×単価×回数

では、それぞれを1割アップすると
X=1.1×1.1×1.1=1.3倍
2割アップすると
X=1.2×1.2×1.2=1.7倍
3割アップすると
X=1.3×1.3×1.3=2.2倍

それぞれを3割アップするだけで、なんと売上は2倍以上になるということがわかりますよね。

んなものは数字のお遊びで、実際にはそんな簡単に3割アップすれば苦労はしないよ、と思われた方、ごもっともです。

当然、今までと同じやり方で3割アップを目指そうとすると非常に難しいのは良くわかります。

ただ、それぞれの要素のアプローチを少し見直すと、案外3割アップの可能性が十分あることがわかっていただけるのではないかと思っています。

少しの工夫が結果を産みます

ITの活用が進み、CRMなどの顧客管理が進んだことで、それぞれのお客様毎のLTV(Life Time Value:1人のお客様から生涯で提供頂ける売上・利益)の最大化を図ろうする施策の取り組みが増えているのをご存じですか?

厳しい市場環境とはいえ、様々なアプローチで利益を上げている企業は少なくありません。

その中の1つにLTVの最大化があります。

どうせ、いろんな仕掛けを入れて、組み合わせて行かないとできないんでしょ、ウチはそんな余裕も人もないんだよね。

大丈夫です。我々が考える”LTVの最大化”の基本コンセプトは非常にシンプルなものです。

お金や人をかけなくてもできるものはたくさんあります。

これからご紹介するお話は、そのLTVの最大化のためのアプローチの1つです。そのままお試し頂くもよし、あなたのお店(企業)に合わせた形にして実現して頂いてもよし、是非ご参考いただければ幸いです。
次回より、売上の各要素ごとでの具体的な施策についてご紹介させていただきます。

前へ  次へ

コメントを残す

*